WHAT WE DO

OUR TECHNOLOGY

nhsの技術


創設45年で培った経験や技術力と、集住施設を中心とした技術的観点から、迅速・的確かつ総合的に最適解を導き出す支援をいたします。

サステイナブル・デザインの提案

集合住宅における環境技術の採用は、一般建築はもとより戸建て住宅と比較しても圧倒的に遅れております。我々は日建設計総合研究所をはじめとする日建グループ各社との情報共有や、大学等の研究機関と共に新しい環境デザインや仕組みを検討し、その時代にマッチしたサステイナブル・デザインを提供します。

#

日射コントロールを行う可変外付ブラインドを採用した外観デザイン/ザ・ライオンズたまプラーザ美しが丘

最適な構造計画の提案

中低層の建物から超高層建物まで、集住施設を中心とした建物において、その建築計画にふさわしい構造材料や架構形式を選択し、合理的で経済的な構造計画を提案・支援します。

■構造性能の選定支援
■構造架構・構造材料の選定および支援
■制振・免震・中間層免震の比較検討提案
■適切な躯体コストを意識した設計提案

#

免震アイソレータ

最適な設備システムの提案

集住施設を中心とした建物の最適な設備計画の立案、設備システムの品質・性能の検証のほか、エネルギー消費を抑え利用者の満足を高めるなど、社会的な評価と共に建物の資産価値も高めるような計画を提案・支援します。

■最適な設備システムの提案・設備計画に対するコンサルティング業務
■最適な設備仕様の提案
■省エネ・エコ技術の提案
■イニシャル・ランニングを見据えたコスト検証支援

#
自然エネルギー(風・温度)の直接利用概念図

プロセスとしてのコストマネジメントを

建設物価の大きく変動する昨今にあっては、工事費のマネジメントが特に重要です。私たちは集住施設を中心とした設計事務所としての経験・蓄積に加え、年間1兆円を超える工事高の設計監理を行う日建設計との情報共有により、変動する“実勢工事価格”を捉え、建設工事費を概算予測します。お客様とコストマネジメントの方針を共有し、プロジェクトの特性に応じて、設計の各段階で透明性を持ったコスト検討を行うことにより、目標工事金額の達成を支援します。

■計画提案のコスト比較分析
■設計の各フェーズにおける概算を通じてのコストコントロール
■見積書・VE/CD検討における内容分析#

コストマ・ネジメントの概念図