MANSION SAISEI

Q&A


マンション建替えに関するよくあるご質問にお答えします。

Q1.再生の基本方針として、建替えとするか修繕とするか、どのようにして判断すべきでしょうか?

A1.まず建物の現在の状況を把握し、どのように改善すべきか区分所有者の意向を聞くことから始まります。そのうえで、修繕・改修と建替えの改善効果、費用負担などを比較検討します。

Q2.建替える場合、引っ越しのことを考えると気が重いのですが。

A2.建替える場合、やはり引っ越しは避けられません。古いマンションであれば、荷物も相当増えていると思いますし、長い間引っ越しの経験そのものがない方もいると思います。
引っ越し会社は、建替組合事務局が引っ越し会社と権利者のみなさんの間に入って、個別の要望を聞きながら、進めることもできます。また最近は、いわゆる「お任せパック」など、梱包などほとんどの作業を作業員がやってくれるものがあります。

Q3.仮住まい選びは、どのようにすればよいでしょうか?

A3.建替組合事務局が、まず権利者のみなさんの個別の要望をうかがいます。事業協力者であるデベロッパーのネットワークも活用しながら、できるだけ要望に沿った仮住まい探しのサポートをします。

Q4.自己負担のための資金調達方法を教えてください。

A4.新築マンションの取得する住戸が基準を満たすものであれば、住宅ローンを組むことができます。
ご高齢で通常の住宅ローンが難しい方も、高齢者向け融資制度のリバースモーゲージなどがあります。
それぞれ個別の事情や要望もうかがいながら、適切な方法をアドバイスいたします。

Q5.中古で購入した今のマンションのローンがまだ残っているのですが、建替える場合、一度残債を返さないといけないでしょうか。

A5.円滑化法に基づく建替え事業の場合、権利変換によって、今のマンションにお持ちの権利を新しく取得するマンションの権利に移し替えます。この時、今のマンションについている抵当権も切れ目なく、新しいマンションに移行します。したがって、一度返済して抵当権を抹消する必要はありません。