MANSION SAISEI

再生検討、建替え事業の進め方


老朽化マンションの再生には、修繕・改修を中心とするものと建替えによるものの大きく2つの手法があります。

どちらの方向を目指すにしても、検討のステップを重ねるごとに区分所有者のみなさんの合意形成を得ながら進めていくことが重要です。

#

合意形成の進め方 ~3つのステップ~

#

合意形成の進め方 ~ステップⅠ 準備段階~

#

合意形成の進め方 ~ステップⅡ 検討段階~

#

合意形成の進め方 ~ステップⅢ 計画段階~

#

建替え事業の流れ

合意形成の進め方

再生計画が決まるまでの合意形成の基本的な進め方には、3つの段階があります。

<準備段階>では、権利者有志等により、再生に関する情報を集めて、基礎的な検討や勉強を行います。

<検討段階>では、建替えと修繕・改修との比較検討を含めて、管理組合として建替えを計画することの合意に向けて検討を進めます。専門的な検討に入るため、外部のコンサルタント等の協力を得ることが合理的です。

<計画段階>では、合意形成を図りながら、具体的な建替え計画を策定し、管理組合として建替えることを決める建替え決議を迎えます。

建替え事業の流れ

建替え事業には4つの段階があります。

<検討計画段階>は、建替え決議によって、管理組合として建替えることを正式に決めるまでのステップです。

<組合設立段階>は、管理組合とは別に、建替え事業の事業主体となる建替組合を知事等の認可を得て設立する段階です。

<権利変換段階>では、新しいマンションの設計内容を決めて、各権利者が新しいマンションのどの住戸を取得するかを、権利変換計画として確定します。

<工事入居段階>は、仮住居への引越しにより住戸を明け渡して、解体・建築工事に入ります。竣工の暁には、新しいマンションへの再入居となります。