NEWS 22 Sep 2017

環境省 平成29年度セルロースナノファイバー活用製品の性能評価事業委託業務に採択されました。

lid研究所にて鹿児島県薩摩川内市等と取り組んでおります、セルロースナノファイバー(CNF)を活用した建材開発の取り組みが、環境省の平成29年度セルロースナノファイバー活用製品の性能評価事業委託業務に採択されました。

鹿児島県薩摩川内市の地元資源である竹を活用し、建材で特に熱の出入が大きい開口部のサッシと窓ガラス、さらに屋根・外壁を対象として、CNFの活用による遮熱・強度の相乗効果を実証する取り組みを行ってまいります。また、既築集合住宅へ実装しCO2削減効果を検証も行います。


環境省 プレスリリース(平成29年9月21日)「平成29年度セルロースナノファイバー活用製品の性能評価事業委託業務の採択案件について」